お久しぶりです、新人です。
しばらくブログを更新していないうちに赤間印刷では季節の移り変わり同様、様々な変化が起こりました。

まず一つ、新しい機械の導入です。
(タイトルでネタバレしていますが)
HP社のIndigo7600を7月に導入いたしました。
20年間で初めて見た大きなトラックに運ばれてやってきたそいつは、ただならぬ雰囲気を醸し出しながらの登場でした。
DSC08203DSC08208DSC08222

この日は搬入に1日かかったのですが、チラーと呼ばれる機材を入れるのに難航したり、入ったはいいけど結局違う場所に移すことになったり、一筋縄ではいきませんでした。

たくさんの方々のご協力のおかげで弊社にやってきたこのIndigoですが、仕上がりの美しさも去ることながら、スピードが速いことが特徴の一つでもあります。ホワイトインクや透明インクを使用したものを印刷する際、弊社が従来使用していた印刷機ですと1時間2時間かかっていたものが、20分程で出来上がります。この大幅な時間短縮により、より多くの方に印刷物をお届けすることが可能となりました。

しかし、このIndigoさんは少々気難しいのか未だ稼働半分調整半分といったところです。日々Indigo担当者が奮闘しているのですが動き方にむらがあるのが現状です。現在はHP社の技術者の方々が調整・検証を行っています。
早く機嫌直してくれるといいんですが(´・ω・`)

 

 

そして機械の導入にあたって、設置場所確保のために一部改装工事を行いました。
大きな断裁機を置いていた場所を改装し、ダークブラウンが基調のシックな雰囲気の部屋へと変わりまして、その様子は以前から赤間印刷をご存じのお客様は必ず驚かれるほどです。
(しかしそんなおしゃれな雰囲気の部屋ですが、一際目を引くのは来客用のテーブルに置かれている「焼肉の教科書」だったりします)

本当はIndigoのほかにもいくつか機械は導入されているのですがそちらの方はまた別の機会にご紹介していきたいと思います。
(ざっくり言いますとまた別の印刷機や卓上の断裁機などです)

機械の導入、改装工事、そしてもう1つ、近々赤間印刷では新しいことが始まります。
それにつきましては次回ご説明致します(`・ω・´)ノ