どうもご無沙汰しております。
あれよあれよという間に5月になってしまいましたΣ(゚д゚;)
お花見をする気満々だったのですが雨止まないかなー風おさまらないかなーと待っているうちに、気づけば奴らは散っていました(´・ω・`)

 

さて5月と言えばゴールデンウィークでしたが、皆様色んな所に足を運ばれたかと思います。
各地でイベントが目白押しの中、赤間印刷でも1つイベントのお手伝いをさせていただきました。

4月27日より開催されています、はっちのGWにてふわり空中散歩展(5月1日~8日まで、はっち2階 シアター2で展示されました)の入口のデザインをさせていただきました。

このイベントは、八戸で活動されているパラグライダーによって撮影された中低空からの空撮写真、パラグライダー機材の展示会となっています。

 

ではこの空中散歩展の入口をどういった形で装飾したかと言いますと、前々回くらいまで取り組んでましたウォールステッカーにて行いました。
社内のディスプレイより先になってしまいましたが、シートを2種類使用するなどの工夫を施し、完成まで持っていくことができました。

全体像はこのようにステッカーで入口全体を囲んだ形です。
全体像

 

 

 

 

アップで見るとこんな感じ。
全体像_アップ蕪島_種差_アップ
 

担当パラグライダーの方と縁のある種差海岸・蕪島を中心に、八戸の海沿いの景色をポップなイラストにしました。

使用した用紙は塩ビのものとビューフル300WAというぴらぴらしたビニールの2つ。
ドアと壁で材質が違うため、それぞれにあった粘着力のものを選択しました。とはいってもどちらも弱粘着のものですので、剥がした後ステッカーののりが残ったりとかの心配はなく、安心して貼り付けを行うことができます。
はがすときも簡単です(`・ω・´)

下部の景色やパラグライダーはドア部分に貼ることになるので、より剥がしやすいぴらぴらの素材で出力。
こちらは用紙の関係上、縦横どちらかの幅が49cmまでになります。ですので今回はドア1枚の幅の90cm×用紙幅49cm以内で全て収めました。

上部の電車ですが、こちらは壁に少々のざらつきが感じられたので剥がれてしまわないよう、より粘着力のある塩ビのものを使用。この壁部分はぴらぴらだと心もとない(´・ω・`)
そしてこの電車がまあ大変でした。何も考えずにそのまま出力したため、横幅360cm。とにかく長いことと細かいところも多々あったので、案の定一発では貼れませんでした。ですので4分割位にしてから徐々に貼っていく方法に切り替えました。
次回から長いものはあらかじめカットしていなくてはなりませんね。目安としては90cmから100cm位でしょうか。

パラグライダーの部分も細かくカッティングしてあったので、少しのずれで気泡が入ってしまったり浮いてしまったりで大変でした。次回からは転写シートは必須ですね。

 

そんなこんなで初めての作業ということで多少問題は生じましたが、それでも無事全部の貼り付けは終了いたしました。
総出力寸法は大体10m弱でしょうか。

今回の案件でステッカーを貼る際にはこういうことに気を付けたほうがいいなどのことも発見できましたし、何よりウォールステッカーの使い方・活かし方が前より少し分かってきたような気がします。

この子、意外といろんなとこに貼れるものなんですね(=゚ω゚)

 

そして大変ありがたいことに、今回のステッカーはふわり空中散歩展が終わった後もしばらくは剥がさずにしてくださるそうなので、もし興味がある方は是非はっち2階 シアター2まで足をお運びください( ^ω^ )
イベントもまだまだいっぱいあるみたいですよ!

 

現在何か内装やディスプレイをお考えの方は、紙の四角にとらわれない自由な形にできるウォールステッカーの使用も、検討してみてはいかがでしょうか。