こんにちは。
あっという間に4月、色々なことが始まっていく季節に突入です(*^ω^*)

さて、前回お話しましたディスプレイ計画ですが、ウォールボックスを使うということでまず最初に「レイアウト」がポイントになってくると考えました。どんな配置をすれば来てくださったお客様の目を引きやすいかなと。
そのうちにレイアウトだけではなく何か別のものと組み合わせてみたほうがおもしろくなるのではないかと考えが進み、今回行き着いた答えがウォールステッカーでした。

ステッカーとボックスを組み合わせ、何か擬似的な表現ができたら見てる人もおもしろいし、そこからサンプルにも興味を持っていただけるルートができるのではないかと考えたのです。

さっそくこの案を課長にお伝えしたところ、ステッカーはローランドで出力が可能ということだったのでそのまま計画を進めることになりました。

それで考えたデザインがこちらになります。
木気球オーナメント

 

 

 

 

左から
木から吊るされているデザインと、ボックスを気球のゴンドラに見立てたデザインと、オーナメント風のデザインの三つです。
木のデザインはナチュラルなイメージ、気球はポップでインパクトのあるイメージ、オーナメントはシックなイメージで提案をしました。

今回はディスプレイの面積が約1270×2600と限られているということ。もう一つは今後ボックスの数がどのくらい増えるのか見通しが立っていないので、サイズの変更を行っても支障がでないこと、というのが重要になってきます。

そこで今回提案したデザインを見ていきますと、木のデザインとオーナメントは数が増えても大きさを変えても支障はなさそうだと判断しました。しかし気球はゴンドラ部分になるボックスの大きさ(145mm×145mm)が変えられないので必然的にバルーン部分も一定の大きさを保たなければならない、つまりバランスを考えると小さくはできないということですね。

そうなりますとこれから数が増えた時に面積を取ってしまう、圧迫感が出るといったことが出てきますので今回はボツとなります(´・ω・`)
手描きで頑張ったので気に入ってはいたのですが、データを作った際数が3つ以上になるとすごいぎゅうぎゅうなかんじでした。もっと広い面積向けのデザインだったと反省です。

では木とオーナメントのどちらがいいのか、両方とも数と大きさの面はクリアしているのでデザイン的な観点から比較しました。

木はウォールステッカーのなかでもよく見るデザインで、誰が見ても抵抗なく馴染みあるものなのではないかと思います。加えて今は黄色い花を散らしていますが、季節ごとに花を変えてみてもいいんじゃないかと考えました。しかし木のモチーフそのものがスタンダードすぎて面白みがないようにも感じます。

そこでオーナメントです。一番シンプルですが、個人的にオフィス内の雰囲気ををがらっと変えられるデザインでもあるのではないかと思います。単色のデザインですがそこを逆手に取り、サンプルをよりよく見せられるということで今回の趣旨に最も適したものではないかと思います。なんだかそこはかとなくスタイリッシュな雰囲気も出していることですし( ´∀`)
以上の考察から今回はオーナメントの案で実制作に入ることとなりました。
実はこのオーナメントの案は最後の最後でぽろっと浮かんだデザインだったんですけれど、それなりにしっくりきたのでそのまま提案させていただきました。ちょろっとプレゼンまがいのこともしたのですが、人に自分の伝えたいことを伝えきるというのは心底難しいですヽ(゚д゚)ノ

ということでこれでオフィスの壁を飾っていきたいと思います!
ちゃんとイメージ通りになるかな(=゚ω゚)