Akama Lab サンプルサイト内の分岐などと難しい言い回しにしていますが、ようは『カテゴリーやタグで分けた記事をどのように表示すれば閲覧しやすいか』という事です。

左はWordpressの固定ページ機能で作成した『Akama Lab』のカテゴリーを一覧表示するページです。

大きなバナーがあり、キャッチコピーを入れてあるので、このコンテンツが『Akama Lab』である事は伝わると思います。

また、その下にリード文章でAkama Labとは何なのか?を解説してあります。これによりどういう意図で書かれた記事の一覧なのかが閲覧者に伝わる仕組みになっています。

しかし、下の例を見てみましょう。

カテゴリーを押すとそのカテゴリーの記事のみ収集してくれますが記事のタイトル下にある『カテゴリー』のボタンを押すと、上の『Akama Lab』を固定ページで作成した内容と同じページが一覧表示されます。

しかし、タイトルやリード文章が無いため、閲覧者がブログの概念を理解していなかった場合「何の記事の集合なのかよく分からない」という印象を与えてしまう可能性が出てきます。

これにより『読みにくいサイトだからもっと読みやすいサイトを探そう』という残念な結果に繋がる事が多くなってしまいます。

一般的なブログの場合は、閲覧者がwebリテラシーの高い方々である事が多く、カテゴリーやタグから自分が興味のありそうな記事を探そうという姿勢の場合が多いのですが、一般企業のサイトの場合はサイト側がどういうストーリーで閲覧者がページを進んでいくのかをある程度想定しておかないと『読みにくい』という印象で終わってしまいます。

手書きメモ教訓として覚えてほしいのはブログは『書き手が楽をするためのもの』であり『読み手にやさしい構造にはなっていない』という点です。

普通なら、凄く長いページになるような記事を複数の日に分けて投稿したりするわけですから、それらの記事をつなげて読めるような構造上の工夫をサイト側が用意しておかないと読みにくくなりますよ!という風に考えればよいでしょうか。

Galaxy note を手に入れたので、ちょっと手書きを使ってみました。