是川縄文館のミニのぼり本日は、筆者の故郷『是川』にある是川縄文館のミニのぼりを作成いたしました。

弊社のミニのぼりは『Roland VersaUV 300A』というUVインクの大判出力機で印刷します。

特徴としましては、インクが記事に染み込む前に光で固めるので『にじみが少ない』という点になります。これによりミニのぼりでよくある『小さな文字も読めるようにしたい』というご要望にお応えできるようになっております。

印刷面拡大また、のぼりは透けた生地ですので、普通の濃度で印刷すると薄くなる傾向があるのですが、Roland VersaUV 300Aは印刷する時のインクの量を通常より増やしたり、同じ場所に何度か印刷したりすることが可能なので、ある程度の色調整が可能となっております。

もちろん欠点もあります。生地にインクが染み込む前に固めるため『裏から見たときに色が薄くなってしまう』という点です。しかし、これに関しましては『ミニのぼりは卓上用なので、裏が見えなくても問題ないです!』というお言葉をお客様より何度かいただいております。

また、色を重ねすぎるとインクが厚くなりすぎて、生地を引っ張ってしまうため、のぼりがまっすぐにならないという欠点もあるので、色の盛り過ぎには注意も必要です。

といった感じで、利点と欠点をご理解いただいたうえで活用していただけると、ご満足いただける商品をお届けできると赤間印刷は考えております!