こんにちは。昨日の満月はすごかったですね( ^ω^ )
部屋の天窓から月が見えて、なんとも穏やかな気分になった夜でした。

さて、前回の続きです。

印刷結果

3種色比較まずはオンデマンド機(今回はbizhub PRESS C7000)の方です。

手前からクラシックリネン-FSスタードリームOK ACカードです。

3種類ともしっかり印刷を行うことができました

3種類比較_Indigo続いてIndigo7600の方です。

クラシックリネンとOK ACカードは問題なく出力できましたが、写真のとおりスタードリームは印刷できませんでした(´・ω・`)
印刷をかけたらまっさらなまま出てきましてこれには私も弊社Indigo出力担当者もびっくりでしたΣ(゚д゚;)

 

インクの乗り方の比較

OKACカード比較

続いてインクの乗り方も比較したところ、一応オンデマンドの方が反射が強く、Indigo7600の方が若干紙色を帯びての反射はしていました。が、実際のところ大きな違いというのは感じられませんでした。肉眼ですと、比較的クラシックリネンが識別しやすいのですが写真で見るとほとんど違いが分からないです。

今回の条件下では、インクが染みこむデジタルオフセット機と染みこまないオンデマンド機との差異はあまり見られませんでした。

まとめ

以上のことから今回はブラック1色でならオンデマンド機でも十分な品質を得られるとの検証結果がでました。

ではこれによりお客様にどのようなメリットがあるかと言いますと、同条件の印刷物(赤の特殊紙にブラック1色)がオンデマンドで価格を抑えて作れるということが挙げられます。

紙にはこだわりたい、でもかかる費用は抑えたい。そういったご要望には比較的安価なオンデマンド印刷機でもお応えできるという検証結果だったのではないかと思います。
ぜひ作る際には参考にしてみてください(*^ω^*)